ゾロフトの効果 即効性やデパスとの違いは

ゾロフトの効果 即効性やデパスとの違いは

 

ゾロフトの効果 即効性やデパスとの違いは
デパスが個人輸入禁止になってから、デパスに代わる薬を探している人も多いと思います。
国内の医療機関ではジェイゾロフトの名前で処方されているゾロフト。
デパスに近い効果が有るため、ゾロフトを代用薬にと考える人もいるでしょう。
そこで、ゾロフトはどんな薬なのか、デパスの代わりになるのかをまとめてみました。

 

ゾロフトとデパスとの違い

ゾロフトとデパスとの違い

 

デパスはエリラーム・エチゾラムが成分の抗不安薬ですが、ゾロフトはセルトラリンが成分の抗うつ剤です。
どちらも不安障害やパニック障害の治療に使われますが、もともと抗不安薬と抗うつ剤では性質が違うので、根本的には別物と考えていいでしょう。
病院で処方される場合、ゾロフト(ジェイゾロフト)とデパスを併用処方のことも少なくないですが、マイルドながらゾロフトは抗うつ剤ですので素人判断での服用は簡単では有りません。

 

 

ゾロフトの成分

ゾロフトの成分はセルトラリン。
SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ剤です。
不安や気分の落ち込みを左右するセロトニンの働きを高めてくれる効果が有るので、うつだけではなく不安障害やパニック障害の治療にも使われます。

 

ゾロフトの即効性

デパスが即効性の有る薬だったのとは違い、ゾロフトは徐々に効果を発揮する薬です。
薬の効果を実感できるまでは個人差は有りますが、2週間~1ヶ月と緩やかに効いていくため即効性を求めると効かない・効果がないと感じることも珍しくはないです。
しかし、焦らずじっくり時間かけることも大切になってきます。

 

ゾロフトの依存性・離脱症状について

ゾロフトには目立った依存性は在りません。
しかし、離脱症状には注意が必要です。
ゾロフトは強い抗うつ剤ではないので、離脱症状もそれほど多くはないですが、長期に渡って飲んでいる場合は急激に薬を減らすと離脱症状があらわれることが有ります。
しびれ・耳鳴り・めまい・頭痛・吐き気・だるさ・イライラ・ソワソワ感・不安・不眠・などがあげられます。
ゾロフトを減らして1~2日後から離脱症状が始まり、2週間ほどで治まるケースが多いですが、こういった症状を緩和のためにも減薬方法が大切になります。
1~2週間ごとに服用していた1/4分ずつゾロフトを減らしていくか、ゾロフトを飲むのを1日おき、2日おきと間隔を空けていくかのどちらかになります。

 

 

ゾロフトの飲み方

ゾロフトの飲み方

 

では、ゾロフトは具体的にどのように飲めばいいのでしょうか?

 

不安障害の場合

ゾロフトの飲み方は夜1回飲むことがほとんどです。
夕食後服用が多いでしょう。
25mgから飲み始め、2週間ごとに効果を見ながら25mgずつ量を増やしていきます。
一般的には50mgが止めることが多いですし、効果が出るまでに時間のかかる薬なので焦って量を増やすようなことはしないようにしてください。

 

不眠症の場合

不眠症にゾロフトを飲むことはほとんどないのですが、ゾロフトを飲むと眠気が出ることは有ります。
ただし、眠気が出る確率は非常に低く、むしろ副作用で不眠になるケースの方が多いため、不眠症にゾロフトは向かないでしょう。

 

半減期

ゾロフトの半減期は長く、22~24時間です。
このため1日1回飲めば済む薬です。
夕食後に飲んでも丸一日効果が持続しますので、夕食後に飲むと習慣づければ飲み忘れることもないでしょう。
また1日の最高服用量は100mgですのでこれを超えないように注意してください。
服用量が多ければ多いほど減薬が大変だということも一緒に覚えておいてくださいね。

 

 

ゾロフトの副作用

ゾロフトの副作用

 

ゾロフトには副作用は有るのでしょうか?
ゾロフトの注意点も一緒にまとめました。

 

ゾロフトの副作用

睡眠障害(不眠等)、錯乱状態、傾眠、頭痛、浮動性めまい、振戦、感覚減退、動悸、ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ-GTP増加、悪心・嘔吐、口内乾燥、下痢・軟便、便秘、腹部不快感、腹痛、腹部膨満、消化不良、食欲不振、発疹、倦怠感、多汗(発汗、寝汗等)

 

セロトニン症候群、悪性症候群、痙攣、昏睡、肝機能障害、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、アナフィラキシー、QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

 

ゾロフトの注意点

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

 

本剤の服用中は、眠気、めまいなどがあらわれることが在ります。車の運転など危険を伴う機械操作の際は十分注意してください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
授乳中は本剤を使用しないでください。使用する場合は授乳を避けてください。
突然の投与中止により、不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、錯覚感、頭痛及び悪心があらわれることがあります。
本剤の使用中は、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含むもの、アルコール飲料の摂取は控えてください。
他の薬を服用中の方、治療を受けている方は、本剤使用前に医師にご相談ください。
子供の手の届かないところに保管してください。
直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

 

※以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方
ピモジドを投与中の方

 

[併用禁忌薬]
「MAO阻害剤(セレギリン塩酸塩)」「ピモジド(オーラップ)」

 

 

ゾロフトの口コミ評判

ゾロフトの口コミ評判

 

実際にゾロフトを飲んだ人の口コミを集めました。
いい口コミも悪い口コミも有りますが、参考にしてみてください。

 

ゾロフトのいい口コミ

「先発品のゾロフトがこんなに安価に購入できるとは驚きです。
安心のファイザーなので効きも問題ありません。
100mgを半分にカットして飲んでいます
リピートします!!」

 

「わたくしは、こちらの お薬は、二回目の購入ですが、病院の処方薬と まったく変わりなく効果がありました。 容量が多いので、半分に割ったりして 使っています。 手元に お薬の余裕があると、安心感があります。」

 

「引っ越しをして違う病院へ行ったときに、違うお薬をだされてしまい体にあわなかったので、一番自分に合っていたゾロフトをこちらで購入してのんでいます。
お値段もやすく助かっています。」

 

ゾロフトの悪い口コミ

「1日に100mg服用しました。
副作用はありませんでしたが、効果もありませんでした。
他の薬を試してみたいと思います。」

 

「副作用が少ない分、私には効果を感じなかった様です。ただ、どんなお薬にも効果には個人差が付き物なので、他の方のレビューを参考に、自身の身体に合うお薬を見つける旅を続けたいと思います。」

 

「あまりにもどの方も評価がよかったのですが本当でしょうか?
私はこの薬を飲んで体調がとても悪くなりました。
病院でもらった薬ではぜんぜん体調が悪くならなかったのにです。
自分のような方は他にいないでしょうか?」

 

ゾロフト口コミまとめ

効果がある人とない人がいますが、いい口コミをしているのは病院でゾロフト(ジェイゾロフト)を処方されて飲んだ経験のある人のようです。
一方、効果を感じていないのは自己判断でゾロフトを飲んでいる人がほとんどのようでした。
ゾロフトは効果が出るまでに時間がかかるので、即効性を求めると効かないと感じるでしょうし、体質によって合わない人もいるでしょう。
安心なのは一度診察を受けて症状に合った薬を出してもらうことですが、もしゾロフトを飲んで異常を感じた場合は継続せずに医師に相談してください。

 

 

ゾロフトの購入方法

ゾロフトの購入方法

 

ゾロフトの購入はどうすればいいのでしょうか?
購入方法をまとめました。

 

ゾロフトは市販されていません

ゾロフトにもジェネリック医薬品は発売されていますが、ゾロフトは海外での名称で、国内ではジェイゾロフトと呼ばれます。
国内の医療機関でも全く同じものが処方されている点はとても安心です。
しかし、ゾロフトは市販薬ではなく処方薬ですので処方箋がなければ国内で購入はできません。
ドラックストアや薬局でも、大手通販会社でもゾロフトの取り扱いは在りませんでした。

 

ゾロフト購入は個人輸入のみ

ゾロフトを個人で購入したい場合は、海外からの個人輸入に限定されます。
以前はデパスが個人輸入できたのと同じように、ゾロフトも個人輸入なら購入することが可能です。
ゾロフトを取り扱っている個人輸入業者は少なくありませんが、中には詐欺や悪徳業者が含まれていることもの有るで、信用できる個人輸入代行サイトを選ぶようにしてください。

 

 

ゾロフトまとめ

デパスの代用薬にゾロフトを飲もうと思う人はあまり多くないかもしれません。
以前国内の病院やクリニックでジェイゾロフトの処方をされていたのであれば、飲み方や副作用・減薬法を知っているかもしれませんが、安全性が高いとはいえゾロフトは抗うつ剤です。
それなりの副作用も有ることは確かなので、まったく知識のない人が飲むにはハードルの高い薬といえます。
特に不眠症には逆効果なことも多いので、個人輸入をするのであれば自己責任できちんと下調べをしたうえで使用してください。